スポンサードリンク



2014年09月13日

iPS細胞の移植手術

かなり更新をサボっていました。コメントを残してくださっていた方々へ
返事もせずに居て申し訳ありませんでした。<(_ _)>
ずっとブログから離れていたので、コメントが沢山溜まってしまっていました。
少しずつ返事をしていけたらなと思います。

いきなり更新をしたのは訳があって、有る新聞記事を目にしたからです。
新聞を読んでいる方はご存知だと思いますが、iPS細胞の網膜への移植手術
のニュースをお読みに成った方も多いと思います。

これはスゴイと思ったんですね。
今回の手術では視力を失った70代の女性への網膜細胞の移植手術で、つい
昨日の事ですが、これは色盲色弱治療にも大きな可能性があるのではと感じ
たからです。

色弱や色盲は目の中の三原色を感知する細胞が欠損しているか数が少ない
または感度が弱い事から来るもので、これはもう網膜を取り替えでもしない
かぎり治療のしようがないものなのですね。

昔、こめかみに電気を流して細胞を刺激して治療するという詐欺治療があり
ましたけど、そんなもので治るものではないのです。
だって、無い細胞が補われるわけではないのだから。

なので、以前に将来の遺伝子治療に期待しますと書いたことが有りました。
それが思いの外早く実現しそうなので、ちょっと興奮が隠しきれません。

まだ完璧な色覚細胞が揃った網膜細胞を作れるのだろうかとか、色々ハードル
は有るのだとは思うのですが、私の想像していたよりもずっと早く実現しそう
な予感がしてとても嬉しく思います。

このブログも気にしてくれている方が居らっしゃるようなので、少しずつでも
更新しできたらいいなと考えています。
どうぞよろしくお願いします。
posted by サビ丸 at 17:37| Comment(2) | 色弱 治療

2014年01月10日

パズドラ 色覚障害者対応の新機能実装

[色覚障害] ブログ村キーワード



スマホのゲームの「パズル アンド ドラゴンズ」通称「パズドラ」に
色覚障害者向けの新機能が搭載されることになったそうです。

私はパズドラはやったことがないのですけど、これは良いニュースです。


まあ、パズドラって言うと、子供が何十万円もつぎ込んでしまったとか
あまりよい噂を聞きませんけど、色弱に対してちゃんと考えてくれた
というのは評価したい。

こういう、色を合わせるゲームって、色覚異常が有る人にとっては
すごく苦手なんですよね。

昔からある、「ぷよぷよ」とかね。
色を合わせて楽しむゲームって、もはや拷問に近いわけです。

それが、こういう問題に対応してくれるゲーム会社が出てきたという事
は、色覚異常に対して世間の認知が広まってきたおかげなんじゃないか
と、密かに認知拡大活動を続けてきた私としては、胸熱ですよ d(^∀^*)


ところで、パズドラはガンホーという会社が作っているのですが
ガンホーがこれを発表したら賞賛の声が多かったそうです。
およそ100人に1人の割合とか読んだような気がします。

いかに潜在色覚障害者が多いのかわかりますね。
皆、隠して生活しているんだなーと思いました。

それか、小学校で色覚検査をやらなくなったので、自分で色が見難い
なとは思っていても、色弱というのを知らなかっただけというのも
あるかもしれません。


ところで、このニュースを調べていてちょっと気になったのですが
色弱者はツールを使ってゲームをやっていたとかいうのを読んだ
のですけど、ツールってなんだろう?

色を判別しやすく出来るツールが有るのかな? (・o・)
有るならそれ欲しい。







posted by サビ丸 at 10:19| Comment(5) | 色弱 見え方

2013年09月03日

健常者では見えない物。

[色弱] ブログ村キーワード


先日うちの母親と話していて、健常者には見えない物が有ることに気が付きました。
母はもう相当歳なので、目もだいぶ悪くなっているとはいえ、ちょっと面白い事を言うのです。

家では家庭菜園をやっているのですが、スイカやキュウリやミョウガ
夏の日差し対策のグリーンカーテンにゴーヤ等も作っています。

で、実が成ってだいぶ大きくなっているよと教えているのですが、全然収穫しないのです。


聞くと、周囲と同じ色をしていて何処に有るのか分からないと言います。


スイカやキュウリ、ゴーヤは緑の葉っぱの中に緑の実が有って、回りと同じ色なので
分からないと言うのです。
ミョウガも花が咲いて違う色が出ないと、茶色の土の上から探し出せないようなのです。


そんなバカな!?と思いますよね。形だって全然違うのに?


そこではっとある記事を思い出しました。
米軍では、ジャングルの戦闘の際、斥候の兵士に色覚異常者を採用したという話でした。
兵士は敵も見方もジャングルでは迷彩服を着て、顔や武器にも周囲の色に似せたペイント
を施します。カモフラージュですね。

これは、ジャングルやブッシュの中に溶け込んで見分けがつかないようにするためなのです
が、色覚異常者はこれを見つけるのが上手いのだそうです。

どういう事かと言うと、色覚異常者は色に頼っていない分、形や明暗の違いに敏感だから
なのだとか。

うちの母親も緑の葉っぱの中に隠れている緑のキュウリやゴーヤを見つけられない。
つまり、そういうことなのかとその時思いました。


健常者に対してアドバンテージが1個有るぜ (ΦωΦ)フフフ…


なんてね。d(^∀^*)

色弱というだけで劣等感を持って悩んでいる人がいたら、この話をしてあげると
ちょっと喜んでもらえるかもしれないですね。


posted by サビ丸 at 14:19| Comment(4) | 色弱 見え方
スポンサードリンク